2006年8月27日 (日)

汚いおじさん

サザンの新曲Dirty Old Manを買った。新曲・アルバムが出ると無条件で買うアーティストのひとつだが、これがまたまた(!)良い曲である。相も変わらずの桑田節であるが、何故か飽きない。いや素晴らしい。PVもあの変な振り付けも。

メロディメーカーとしての才能というかクオリティの高いポップスを書かせたら、日本でこの人にかなう人はいないと思うが、しかしこの「量産ぶり」は一体何なのだろう。芸暦30年を目前にしてまだまだの存在感。凄い、とうなるしかない。

でもこの新曲、詞をよ~く聞くととタイトルどおり「おじさんの応援歌(?)」軽いダンスチューンのノリに任せてカラオケなんかで歌うと「あれ?」となること間違いなし。だって「振り向くほどに人生は悪くない~♪」だもんね。

この路線(おじさん応援歌?)今まではサザン名義ではなくソロでやっていたはずなのに。ま、別にいい曲だからサザンでも全然OKなのだが、これがヒットチャートでそれなりに売れるとなるとそれはそれで痛快(?)でもある。

何が言いたいのかというと、オヤジの領域に近づきつつある自分としてはこの曲すごく「つぼにはまる」のです。ずーっと前にクレイジーケンバンドの「オトコの滑走路」という曲についてここに書いたけど、路線としてはこれに近いかな(違うか?)

要するにオトコのウダウダっていうか、おじさんの開き直りというか、しょうもない世界。女性にはきっとピンとこないかもしれない(そこがまたいいのかも?)

昔桑田圭佑ソロ名義で「孤独の太陽」というアルバムがあった。このアルバムの完成度は非常に高いと今でも思う。でそのアルバムの同時期にシングルでリリースされたものに「祭りのあと」という曲があった。

これはとってもいい曲で、この「おじさん応援歌(?)」の部類に間違いなく入るだろう。この時期桑田は「にっぽんの歌」というか「言葉」にかなりこだわっていて、美輪明宏の名曲「ヨイトマケの唄」とかもカバーしているのだが、これがまた素晴らしい。

実はこの頃(1994年)私はまだ大学生であった。でその年の学園祭の前夜祭がなんと桑田圭佑のライブだった!のである。桑田はじめサザンオールスターズのメンバーはもともと青学のアマチュアバンドから始まったので、学院大先輩の凱旋ライブとなりその盛り上がりは尋常ではなかった。

おまけにコレが始めての凱旋ライブ(デビュー15年を有に過ぎている)!ただしサザン名義ではなくソロ名義なのが不思議であった。でも結局メンバーは「Ya Ya あの時を忘れない」とかで飛び入り参加してたし良しとしよう。

で学院卒業生(ただし桑田は中退)の中でも飛びぬけて知名度の高い彼らが何故凱旋できなかったのか。

曰く某学院長が「桑田は中退だし、サザンなど(アホな連中)は学院にふさわしくない」と厳しく戒めていたとか「出演のギャラが学園祭レベルでは到底無理で事務所が難色を示していた」とかいろいろと噂はあった。

とにかくサザンが母校でやったライブはコレが最初で(今のところ)最後なのである。

閑話休題。で「悲しい気持ち」とか「ミス・ブランニューディ」も最高だったのだが、ラスト近くに青学講堂でやった「祭りのあと」と「ヨイトマケの唄」には涙がでたのを覚えている。本当に場内がシーンと静まり返り、終わったあとは会場全体からため息が漏れたようだった。

ということで長々と思い出を語ってしまいました。

そういえばあのライブで桑田が植木等の替え歌をもじり「38(歳)で妻子もち♪でもまだまだチ○ポは硬い~♪」とか歌っていたんだけど、あれから10年以上も経ってしまったのね~。まだまだ・・・なのだろうか?(なのだろう)

下品ですいませんっ!おしまい。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

7月に別れを告げて

7月が過ぎてしまった。振り返ればいろいろな出来事があったのだが、気づいたら今月も終わっていたという感じ。30代は20代の時よりも時間が早く過ぎて行く、とはよく言われるがコレはほんとのことだと実感。

仕事は日々試練でいろいろと大変だがやりがいがあって充実してるし、プライベートでもいろいろなトモダチと日々飲んだり遊んだりと楽しんでいる。「人生を楽しんでいる」と自信を持って言えるかもしれない。

とにかく夏はこれからが本番。今日は涼しくてとても過ごしやすい夜だが、こんな日々はそうは続くまい。夏バテ対策はしっかりと食べてよく寝ること。なんだか全くの独り言で読んでる人は全然つまらないと思うが、今回はこれでおしまいとさせていただきます。

来月こそは中身のある文章を書きますんで、読んでくださってる方は期待していてくださいね。

それではおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

幕末の丘

幕末の丘を観た。場所は新宿シアターサンモール。最近演劇は全然観ていないが、今回は友人の友人がこの劇団(神田時来組)の団長(?)ということでチケットを買ったのがきっかけ。

そうはいってもここの団長とはお酒をご一緒したこともあり楽しみにしていた。公演時間前は新宿御苑をぐるっと散歩。ちょうどバラの催しがあって、世界各国のバラたちが咲き乱れていた。

バラの名前は彼女や奥さんか娘の名前のようなものが多い。中にはプレイガールなんつーしょもないものなどもあった。美しい花だけれど何か隠微というか退廃的なイメージがあるが何故なんだろう。

そういえば昔ポイズンというバンドでEvery Rose Has Its Thornという曲があったなあ。いい曲だったけどこのバンド今は何やってるんだろう?バンド自体はチープな感じがしたが、この曲はいい曲だと思う。

ということで2時間半の公演を観た。土曜日の19時からの回であったが、満員御礼。観客には知ってる顔もちらほらあった。団長約5年ぶりの演出、主演ということもあって気合は十分のようだ。

タイトルは「幕末の丘」ということで原田佐之助、岡田(人切り)以蔵、新撰組や坂本竜馬など幕末を駆け抜けた志士たちのドラマ。ただしご本人(主演・演出の団長)も認めてらっしゃるとおり、時代考証とか人物設定とかは全然お構いなし(SF時代劇?)。

幕末という時代と志士たちの名前を素材に、ストーリーはかなり自由勝手に語られる。ま、面白ければそれでいいのだろう。この劇に変な理屈は不要というところか。劇中で時折はさまれるアドリブというかギャグというか外しているところもあったが、チャンバラなどはかなりの迫力があった。中でも岡田以蔵(松田ケイジ)の演技が良かった。概ね満足。

公演後は新宿3丁目要通りのジンギスカン料理屋で遅い夕ご飯。北海道に行ったばかりだったので何となくこのお店に入ってしまった。まあまあ美味しかった。でも量はイマイチかなあ。野菜とかもっとたくさん食べられても良いのにと思う。

その後末広亭近くのどん底へ。相変わらず独特の雰囲気だが、土曜日なのに結構賑わっていた。ここの木のカウンターはとっても素敵だと思う。店内もグチャグチャとしているが、それがまた味のあるところだ。ジントニックとテキーラ(クエルボゴールド)を軽く飲む。

その後はまっすぐお部屋へ。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウイスキーがお好きでしょ?