« 連休前夜 | トップページ | 例の店で »

2005年5月 1日 (日)

中華街の夜

昨晩は横浜中華街でメシを食べた。中国は広東省東莞市に赴任する友人の壮行会で、学生時代の友人がそろって会食。お店は中華街のメインストリートにある広東料理一楽というお店。当日お店の前に並んでるお客さんたちを尻目に3階のお座敷席へ直行。前日に予約を入れておいてよかった!

「しばらくおいしい和食も食べれないね~」なんて話をしておきながら、場所は中華料理レストラン!でも本人&奥さん共に喜んでたし良かったんではないかと思う。料理も飲み放題コースでお一人様5000円。この辺りのお店では結構お値打ちです。

ところで世界のチャイナタウンの中でも横浜はかなりの規模だと思う。あとすごいのはNYとロスかな。ロンドンのチャイナタウンも実はそんなにたいした規模ではなく、ちょうど神戸南京街くらいでしょうかね。長崎中華街なんかもっと小さい。やはり貿易港としての規模が街の規模に反映されているのでしょうかね。

話変わりますが横浜中華街で意外に思うのがラストオーダーが早いこと。お店はたいてい22時くらいには終わってしまいます。ロンドンとかNYなんか朝までのところも結構あるし、チャイナタウンとは言わないが歌舞伎町なんかもそう。本場中国の香港とか上海あたりなんかも朝までガンガンやってます。やはりここは朝まで飲み食いする場所柄じゃないのでしょうね。

あと海外旅してて一番重宝するのがチャイニーズ。世界中どこ行ってもありますもんね。昔キューバのハバナに行ったときチャイナタウンがあったのには驚きましたね~。ま社会主義国同士だから、交流はあったんでしょうけど。ほんと中国人の根性はすごい。どんな土地でも生活し根を張り、そして金儲けもうまい。見習いたいですね。

中華街で飲んだ後、帰途何故か蒲田で途中下車。飲み足りない友人とラーマヤナというエスニックレストランに入る。蒲田エリアにしては珍しくセンスがあっておしゃれなつくり。グローバルダイニング系ですね。雰囲気もよろしいしデート向け。男二人で行くとこではありませんな。深夜にタクシーで帰宅。ああ今日も飲みすぎた。

|

« 連休前夜 | トップページ | 例の店で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華街の夜:

« 連休前夜 | トップページ | 例の店で »