« ダイソン | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

2005年5月29日 (日)

週末起業

週末起業なんていっても所詮はサラリーマンの副業だろって意見があるが確かにもっともではある。

この言葉を提唱している人たちの主張は「独立起業するのはリスクが高い。サラリーマンの安定的立場を生かしつつ、片手間でいいからビジネスをしてみよう」ということらしい。「軌道に乗れば独立するればいい」

この発想は面白いと思う。もともと起業だ独立だ、などと言っても決まりきったやり方があるわけではない。思い立ったが吉日。とにかくやってみる、ってのが大事なんだろうとも思う。

この週末起業フォーラムのセミナーに一度だけ参加してみたことがある。そこに集まった「週末起業家」および「予備軍」を眺めていて思ったのは、正直言って「アイタタタ」ということである。

要するに皆さん個人零細事業者であり、素人に限りなく近い。おまけにお金には全然縁がなさそうだし。そしてお決まりの自転車操業状態。正直「自分もやってみたい!」という感じにはならなかったですね、ハイ。

別に彼らのことを馬鹿にしている訳では決してありません。ただネットで物販するにしろ情報を売るにせよ一筋縄ではいかないな、と強く感じたという次第であります。だいたい誰だって片手間のアイディアやビジネスにお金を払うことなどしないだろうしね。

ただなにかにチャレンジする、実際にやってみることに意義はあると思う。ブログだってやってみなければわからなかったし、第一声を上げなければ誰も振り向いてくれないし。

それに与えられた仕事をこなすことだけに慣れてしまったサラリーマンにとって、その前提を覆すところから始めるのが週末起業のミソ。これは独立云々の前に、サラリーマンとしての仕事に対しても前向きの影響を与えるだろうな。

では肝心のビジネスのネタは?これが実は難題だったりする。でもたとえば友人から何か相談を受けたり、あるいは自分自身「こんなサービスがあったら便利だなあ」なんて感じること。それを具体化していく。要はそれだけのことだ。

そう考えるとビジネスアイディアは無限である。お金になるかどうかはまた別の問題なんだけど。

|

« ダイソン | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末起業:

« ダイソン | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »