« マナウスにて | トップページ | イグアスを見て死ね »

2005年6月21日 (火)

ブエノスアイレス

途中抜けてしまったが、サンティアゴの後はアルゼンチンのブエノスアイレス_025 にはいった。南米のパリなどと呼ばれているらしいが、確かに何かノスタルジックな街並みではある。

でアルゼンチンといえば「タンゴ」 。あとはフットボールのマラドーナとかのイメージだろうか?

ブエノスアイレスではタンゴ発祥の地ボカ_019 に行ってみた。港湾の街で少し前まではかなり荒んでいたようだが、今はすっかり観光地である。

あとはサッカーでも有名な地区。労働者階級の熱狂的ファンが多いのがボカのチームとのこと。

そういえば偶然入ったボカのカフェにクリントン元大統領来店の写真が飾ってあったのを見つけた。彼もタンゴが好きなのだろうか?

その後市内の地下鉄に乗る。なんと東京の銀座線はブエノスアイレスの地下鉄を参考にして作られたそうである。薄暗い構内とすすけた車両がなんともいえず郷愁を誘う。サンティアゴの地下鉄のほうがきれいでコジャレていた。

市内散策後、タンゴショーを観に行った。ディナーつきでショーは22時30分過ぎから始まった。お店の名は「セニョール・タンゴ」_022。かなり有名なお店らしい。

タンゴはもともと港湾労働者が通う安酒場のショーから生まれたそうである。男女が足を絡ませるさまはなんともエロティックではある。

ここのお店は観光客向けで、タンゴだけでなくマジックやフォーク・ショーみたいなものもあった。でアルゼンチンはもちろんペルーやチリからのお客さんがほとんど。皆スペイン語が通じるので合唱したりして盛り上がっていた。楽しかった。

ショーの後おそるおそるタクシーでホテルまで帰る。25時過ぎであった。

|

« マナウスにて | トップページ | イグアスを見て死ね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレス:

« マナウスにて | トップページ | イグアスを見て死ね »