« ベルギービール | トップページ | 南青山の夜 »

2005年6月 8日 (水)

フリーバード

今週末から南米を旅する。行き先はチリ・アルゼンチン・ブラジル。今まで40カ国を旅したことがあるが、南米大陸は初めてである。南極や北極を除けば、これで一応前大陸制覇のはず・・・あ、アトランティス大陸もまだか(←つまらない)。

南米というとさすがに日本から遠いし土地感覚もなく、またブラジルはビザも必要なので、昔馴染みのあった新宿の旅行代理店に久しぶりに足を運んでみた。

実はここ数年あるいは4年前にUKにいた頃から、エア・チケットを求めて旅行代理店に行くことはない。何故かというとExpediaとか同じくExpedia UKとかのすぐれものオンライン旅行代理店で全て事足りてしまうからである。

ちなみに当時、航空会社ではあるがeasyjetにも非常にお世話になった。別に旅慣れている人だったら自分でチケットを予約して、自分でホテルをブッキングしたほうが話が早い。おまけに安いし。

それに旅行代理店を通すと「コミッションの高い」航空会社やホテル、また自ら主催するツアーに勧誘するなど、彼らの商売が先にたってしまうおそれがある。

これって非常にうざい。

これはあくまで個人的な雑感だが、最近の旅行代理店の接客レベルって非常に落ちている気がする。あくまで「旅好きの人」レベルで「プロ」の感じがしない。某H社のカウンターとかほんとレベルが低いと思う。

「給料が安い」とか「労働環境が悪い」とかいう噂は耳にするが、所詮「安い給料」ではそれなりの人材しか集まらない。これが資本主義の現実なんだよなあ。

ということで今回某旅行代理店に南米旅行の相談に行ったのだが、結論はNO GOOD。

ちなみにブラジルビザの発給は、五反田にあるブラジル領事館で申請してから稼働日ベースで10日かかるとのこと。たかが観光ビザなのに「住民票」とか「銀行口座の残高証明書」なんぞを提出しなければならないんだそうな。

おいおい金持ちでお人よしで物見遊山好きのジャポネーズ相手にそりゃないんじゃないか?

在サンパウロの友人によると、日本の入管がブラジル人入国に対しかなり不当な締め付けをしているらしい。でその報復処置が取られているのが実際とのこと。ま、わが日本は「外人=怪しい」のゼノフォビア体質だから、ブラジルだけの問題ではないと思うけどね~。お上のやることは本当に「つまらない」と思う。

で話は戻って「申請に約2週間もかかったら休み終わっちまうよ~」と相談してもそこの代理店は、

「ブラジルあきらめて他の国はいかがですか?」

っておまえなあ(怒)

でいろいろと調べてみたところ、隣国アルゼンチンとかチリでかなり簡単にビザ取得が可能という情報があったので確認してみた。すると、

「そういう情報もありますが当社では責任は持てませんのでお勧めいたしません」

だと(怒)

仮に現地でビザが取れなくても「責任取れ」なんていうつもりは私毛頭ありません。でもこんな情報すら確認とれない、また旅行者に対しアドバイスもできないんじゃ、ますますオンラインで全てをこなしたほうが安上がりだろう。

代理店業全般にいえることだが「付加価値のないサービス」での生き残りは今後ますます厳しいことになると思う。

ということで目下私の利用する旅行代理店はフリーバードである。ココは航空会社のシステムとリンケージしているので、オンラインで空席状況を確認できる。要は代理店のカウンターの人が自分のPCまで戻って確認しているアレを、旅行者個人が使っているようなものである。

これはマジ便利です。お勧め。

|

« ベルギービール | トップページ | 南青山の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーバード:

» ブラジル、ヴァリグ航空が破綻 [I have never seen sunshine in so blue]
ところで、サッカー最強の国、ブラジルの「ナショナル・フラッグ」をご存知だろうか? ヴァリグ航空という。 http://portal.varig.com.br/varig/index_html ホームページに飛んだだけで陽気だ。 スターアライアンスにも加盟している。 日本とブラジルを結ぶ、直行...... [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 13時38分

« ベルギービール | トップページ | 南青山の夜 »