« ロジスティクスとマーケティング | トップページ | 代官山の蒸し暑い夜 »

2005年7月26日 (火)

地震カミナリ火事台風

先日の日曜日、東京で震度5の地震があった。東京生まれで地震には慣れっこの私であるが、慣れない外国人なんかにとってはかなりの恐怖だったのではないかと思う。

都心では電車は止まるしエレベーターも止まる。なんともひどい話である。

だいたい地面が揺れ部屋が動くなんて現象はそうそうあるもんではない。あるとすれば二日酔いのときくらいかもしれない。

そういえばちょっと前、友人の英国人が東京を訪問中にたまたま地震があった。慣れない人に言わせればそれこそ「すごい揺れ」だったらしく、帰国した際には家族や友人にこう触れ回ったんだそうな。

「すごい揺れで私なんかベッドから跳び落ちゃったわ!」

ちなみに震度は3弱くらいであった。また女性自身かなりのボリュームがある。慣性の法則を全く無視した現象・・・であったのだろう、たぶん。

で今度は台風。今晩東京を上陸するらしい。これも日本人にとっては別にそうたいしたことではない。

でもきっと明日、台風をはじめて経験したどこかの誰かがこう触れ回るに違いない。

「もうほんとにすごい雨風で目がグルグルに回っちゃったわ!」

あれ?つまらないですか?お粗末さまでした。

|

« ロジスティクスとマーケティング | トップページ | 代官山の蒸し暑い夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震カミナリ火事台風:

« ロジスティクスとマーケティング | トップページ | 代官山の蒸し暑い夜 »