« 理想の女(ひと) | トップページ | 東京デザイナーズウィーク »

2005年10月24日 (月)

キラーストリート

サザンのニューアルバムを買った。アルバムが出れば必ず買う、数少ないアーティストである。で結論。「キラーストリート」って悪くないですね。少なくても買って損はしません。相変わらずいい曲一杯だし、変な曲もバランスよく入ってるし。

でも昔のアルバムに比べると悪ふざけが少なくなったかもしれない。エロな歌もないし。とはいえメンバー今年50歳の人たちとはとても思えないですよね。このままあと10年もやれたらそれはそれはすごいことだと思います。

サザンは我が母校の先輩たちであり、学生アマチュアバンドから始まって30年近くも人気者であり続けている。奥さんはメンバーだし、学生時代からの友人たちと好きな音楽を仕事にし続けている。金銭的にも社会的にも大成功。ある種「理想的な人生」ともいえるかもしれない。

タイトルのキラーストリートは、サザンが昔からレコーディングに使用しているビクター青山スタジオがある通りの名前。青山キラー通り。しかし何で「キラー」通りなのだろう?ベルコモンズから東京体育館に向かって歩いていくと、夜なんかは確かに人気が少なくなる・・・とはいえ切り裂きジャックが歩いているような雰囲気ではないし。

途中にあるとんこつラーメン屋「ホープ軒」。あそこは時々無性に食べたくなるラーメンです。あの店中立ち込めるニンニクの強烈なニオイ!でもうまいんだよな~。カラダにはあまりよくなさそうだけど。

ということで「アビー・ロード」ばりにあの歩道橋の上で写真を撮ったり、ビクタースタジオが観光地化する、などということはあるのだろうか・・・(ま、ないか)。それにしてもサザンにはまだまだ現役で頑張って欲しいものだ。変に成熟して大御所になるのではなく、ちゃんとヒットチャートを狙うスケベさを忘れずに(でもそれが一番難しいんだろうなあ)。

ちなみに一緒に買ったミスチルのニューアルバムも実に良い。相変わらず良い曲を書くよなあ桜井クンも。World Endなんてほんといい曲だよな~Signも良いし。

ということでおしまい。

|

« 理想の女(ひと) | トップページ | 東京デザイナーズウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キラーストリート:

» こたんと失恋ソング [こたんの黄金色スプーン]
失恋ってイタイ。。 あ、別に失恋したわけじゃないけど 失恋したらサザンの曲を聴いて、涙のキッス! てなわけで、 勝手にこたんのおすすめ失恋ソング BEST3 1つ 「Bye Bye My Love」 やっぱり?定番なんだけど、「Oh! クラウディア」も外せないよね。 失恋してなくとも、人恋しくなっちゃいます。 2つ 「ドラマで始まる恋なのに」 「逢いたくなった時に君はここにいない」と同位!! 失って気付く大切さや未練だったり、後悔だったり・・・。 3つ... [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 10時06分

« 理想の女(ひと) | トップページ | 東京デザイナーズウィーク »