« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月12日 (土)

ポプラル!

今日渋谷シネ・ラ・セットで映画ポプラル!を観た。キューバのミュージシャンであるチャランガ・アバネーラのライブツアー・ドキュメントと彼らのインタビューを交えたフィルムである。

プロデューサーは村上龍。氏はずっとキューバ音楽にこだわっている。「KYOKO」って映画もあれはサルサがテーマだったし、エッセーでもそれこそいろいろと書いている。

私も約7、8年前にハバナを旅行したのだが、ちょうど前後して村上龍がキューバ音楽を取り上げたり、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブという映画が流行りだしていた頃でもあった。

あの当時米国からハバナへの直行便はなかった。だからコンチネンタル航空のヒューストン経由で一旦メキシコのカンクンへ。そこからハバナへはエア・メヒカーナに乗り継いだのであった。思えば長いフライトであった。

で笑ってしまうのだが、キューバではアメリカン・エクスプレスのTCやクレジット・カードが使えないことになっていた。「アメリカン」などけしからんということらしい(ビザ・マスターは問題なし)。

そのくせ生活の中では皆米ドルを使用しているという皮肉。誰も自国政府の通貨など信用していないのだった。

国は非常に貧乏であったが、治安は非常に良かった。社会主義国家なので警官がそこら中をプラプラしていたからだろう。夜に街を歩いていても「やばいな」と感じたことは一度もなかった。

でハバナ滞在中は、旅先で知り合った日本人女性二人と地元のサルサ・クラブをはしごした。ヘミングウェイの別荘にも行ったし、革命広場にあるチェ・ゲバラの壁画を観て感動したりもしたなあ。

向こうの地元クラブに行って驚いたこと。それはクラブが「老若男女」の集う社交場であることだ。若い奴らがお洒落して集まって酒飲んで騒いで・・・という世界だけではないのである。子供たちも老夫婦も皆一緒になって夜遅くまで踊っていて、場所も集合住宅の中庭を使っていたりする。

そこで飲む酒といえば「モヒート」。ラム酒(ハバナクラブ)にライムとミントと砂糖とカキ氷をカクテルしたお酒で、たくさんたくさん飲んだなあ。美味しい葉巻もいろいろと吸ったし。

ということで閑話休題。

でこのフィルムは、キューバで今一番の人気を誇るチャランガ・アバネーラのプロモーション映像と言っても良いのかもしれない。

ブエナに比べるとこの映画にはキューバの革命や政治、貧困を醸し出すようなイメージは全くない。というかそういった一種の「固定観念」としての古いキューバではなく、今現在のそれを切り取ることがテーマであるようだ。

このオルケスタグループの存在を取り上げることで、今のキューバが見えてくる。彼らの音楽の素晴らしさもさることながら、ショー・ビスに対する底抜けの明るさというか前向きさ、彼らがポブラル(人気者)であることを誇りにしている様を何の衒いもなく描いている。

いつの世のどんな世界でもポップ・ミュージックには大衆の「気分」が反映される。それは合いも変わらない「恋の歌」であったり人を鼓舞する「応援歌」であったりする。

そんなポップの王道を行く彼らのポジティブでエネルギッシュなパフォーマンスを存分に堪能できるフィルムであった。

でもこの作品にはカタルシスがない。「映画」としてはイマイチかな・・・。音楽が好きな人にはお勧めですが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月 3日 (木)

東京デザイナーズウィーク

パッとしない天気の今日は文化の日。会社からチケットをもらったので神宮外苑で開催している東京デザイナーズウィーク2005に行ってみた。

伊藤忠本社脇から銀杏並木を歩いていくと、その先に特設会場があった。信号を渡るとそこにはチケットを買う人の長蛇の列が!すごい並んでいてびっくり。招待券があったから並ばずに済んだけど、このイベントってこんなに人気があるの?

で、おそらくは全然金をかけてない特設会場にやっとこさ入場。それにしても会場の案内など全然オーガナイズされてなくずさんの一言。金払ってないので別に不満はないけど、主催者は一体どこなのだろう?

中はさまざまな企業がブースを作っていて、なかなか面白かった。で偶然英国大使館企画のセミナーがあったので覗いてみたら、あのコンラン・ショップのコンラン卿の「息子」がプレゼンテーションをやっていた。「デザイン論」というよりはご自分のお仕事の紹介って感じだったが。

オヤジが「サー」なんでその息子もさぞ・・・なんてことは全然なく、普通のおっちゃんって感じだったな。日本語ではとんでもない意味なんですよね、なんて一人ボケてたのが可愛かった(コンラン=混乱)。コンラン・ショップは観ていて結構楽しく時間つぶしになるし、個人的には結構好きである。

あとはコンテナの中を展示場にした各企業のブースが並んでいて、その先に学生の作品がずらっと並ぶ。学生っぽい安易なモノが多かったな。こんなもん作ってて将来どうすんだろうな?なんて意地悪過ぎるだろうか。

それにしても運営で素人っぽさが目立った気がした。中身はまあまあ楽しめたのに・・・残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »