« 東京漂流 | トップページ | フランツ・フェルディナンド »

2006年2月19日 (日)

ミュンヘン

スピルバーグの新作「ミュンヘン」を観て来た。ミュンヘンオリンピックで起きた実在のテロ事件をもとにした実にヘビーなストーリーだが、なかなか良い映画であった。

選手村に泊まっていたイスラエル選手たちをパレスチナのテロリストたちが襲う。復讐を企てるイスラエルは諜報機関モサドとその活動員にテロリストたちの殺害を命じる。

そして繰り返されるテロの応酬。一方が殺されれば、もう一方が殺される。そして憎悪の連鎖が続いてゆく。自爆テロなんかで未だに終わらない世界の現実でもある。

この作品は「シンドラーのリスト」とか「プライベートライアン」なんかの系譜にあたる作品であるが、そのメッセージ性においておそらく最高傑作といえるんではないかと思う。

何故ならユダヤ人であるスピルバーグが、このテーマをイスラエルに肩入れすることなくパレスチナの側にも一定の配慮をしつつ冷静に描いているからだ。

パレスチナのテロリストにもモサドのユダヤ人にも当然家族があり子供がいる。そんな当たり前のことも忘れてしまうほどの激しいテロの応酬。誰もが祖国の為、自分の家族の為という名目で次々と人を殺していく。

最初は罪の意識が脳裏をかすめていた殺人も、いつしかそれはゲームと化する。人はどんなことにでも慣れていくものだというが、殺人すらその例外ではない。

そしてやがて訪れる狂気。殺し殺される中でいつか人は平常心を失いそして錯乱する。人を殺した記憶はいつしか殺される恐怖へとつながっていく様は見ていて怖くなった。

最後に一人残った主人公(活動員)はパレスチナに復讐される恐怖に苛まれ、また任務を命じた政府に対し猜疑心を強めてゆく。

「馬鹿げた殺し合いはもう止めて一緒に夕飯を食べないか?」

主人公の最後の台詞。それにはっきり「ノー」と答える上司。これが今の(馬鹿げた)現実なのであろう。何故「ノー」なのか!!

こんな作品作れるのはスピルバーグだけですね。お勧めです。

|

« 東京漂流 | トップページ | フランツ・フェルディナンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘン:

» [Movie] 2度の劇場鑑賞、スピルバーグのMUNICH(ミュンヘン) [タイで想う日々の日記]
前回観たのがタイ公開初日の2/9だったので3週間近く前。日本でもとっくに公開中でタイミング的にはズレたかもしれませんが、週末(日本では3/6早朝)アカデミー賞発表もありますし。 f:id:taideomouhibi:20060301144107j:image 3時間近い長丁場ですが、冒頭、そしてその後3度に分かれて描かれるミュンヘン五輪(1972)での人質劇の顛末が効果的な配置になって本編を引き締め、その長さを感じさせません。 『プライベートライアン』や『宇宙戦争』で見せた残虐描写も、今回は必要不可... [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 19時39分

« 東京漂流 | トップページ | フランツ・フェルディナンド »