« ミュンヘン | トップページ | やらまいか! »

2006年3月 5日 (日)

フランツ・フェルディナンド

最近あまりCDを買わない。itunesでipodにダウンロードしてるから・・って訳ではもちろんない。音楽は大好きだしアルバム出れば必ず買うアーティストも少なからずある。

でも最近CD買わなくなったなあ。洋楽(って言い方しないよね最近)もJ-POPも全然チェックしてないし。だいたい周りで音楽聞いてる奴がいない。カラオケも行かないしね。行っても昔の曲が多いし。

この前「よし、最近何聞いてる?」って若いUKの兄ちゃん(同僚)たちに聞かれて「おーU2は買ったぞ」なんて言ってたら「他は?」「うーん」(沈黙)

そうなんだ!オレの音楽というか洋楽的バックグラウンド(大げさ?)はやはり「ベストヒットUSA(小林克也)」であり、深夜にテレ朝でやっていた「(再放送の)MTV」とかの時代に築かれたものなのだ。

もちろんその後もずーっと時々のCDを買ってはいるが、やはり「あの日あの時あの場所で♪」聴いていた音楽が血となり肉となっている。そんな感じがする。中学生から高校生、そして大学生頃かな。

であの時代は「洋楽=ホンモノ」で「日本のロック=演歌の延長」みたいな雰囲気があった。ボウイとか尾崎豊とか大好きだったんだけど、でもホンモノはあくまでU2でありガンズ&ローゼスでありボンジョヴィ(は違うか?)である、という位置づけだったと思う。

というかあの時はハードロック全盛だったんだよね~。モトリー・クルーとかスキッド・ロウ、シンデレラ、TNT、ヨーロッパ、ヴァン・ヘイレン、ホワイトスネイク、そしてジューダス・プリーストとメタリカそしてガンズ&ローゼス。

なーんでみんなあんなに「いきり立って」たんでしょうね?ハードロックやへビィメタルなんて今やすっかり廃れてしまったけど。ボンジョヴィのニューアルバムなんぞもう買わないし。

で話が長くなってしまいました。先日会社の同僚でUKから来ている若い兄ちゃんたち二人に「Franz Ferdinandのコンサートで武道館に行くんだけどどう行けばいい?」なんて聞かれたんで「あーだこーだ」と説明して時。

「フランツ・フェルディナンド??」とか内心思いつつ行き方を教えてあげた。なんだかゴテゴテの名前だな、どんな連中だっけ?ああ!J-WAVEでよくかかってる「What do you do you do you wanna♪」って歌の奴らね。

その後会社の帰りに渋谷のTower Recordsに行った時チェック。でこの前アマゾンで彼らのYou Could Have it so much betterというアルバムを買ってみた。いろいろ記事を読んだが最近のUKではCold Playに続く(?)超ビック・バンドになりつつあるらしい。

結論。結構良い。いや十分カッコいい。サラエボ事件で殺されたオーストリア皇太子の名前から取ったっていうバンド名といい、グラスゴーで結成されたバンドだっていうーバックグランドといい面白い。

なんというかショービズというか大資本レコード会社の「売らんかな的」作られたアーティストが横行する昨今で、こういうフツーの兄ちゃん的バンドが売れるってのは非常にうれしい。

もちろんゴリゴリの硬派バンドって訳は全然なくちゃんとポップ。なんだけど「売らんかなのスケベさは顔には出てない」というバランスがうまい。

何書いてるか自分でもよくわからなくなってきました(笑)

でもいいアルバム&バンドだと思いました。ということで。

|

« ミュンヘン | トップページ | やらまいか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランツ・フェルディナンド:

» フランツ・フェルディナンド [アイドル芸能Shop]
フランツ・フェルディナンド [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木) 20時45分

« ミュンヘン | トップページ | やらまいか! »