« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月10日 (土)

幕末の丘

幕末の丘を観た。場所は新宿シアターサンモール。最近演劇は全然観ていないが、今回は友人の友人がこの劇団(神田時来組)の団長(?)ということでチケットを買ったのがきっかけ。

そうはいってもここの団長とはお酒をご一緒したこともあり楽しみにしていた。公演時間前は新宿御苑をぐるっと散歩。ちょうどバラの催しがあって、世界各国のバラたちが咲き乱れていた。

バラの名前は彼女や奥さんか娘の名前のようなものが多い。中にはプレイガールなんつーしょもないものなどもあった。美しい花だけれど何か隠微というか退廃的なイメージがあるが何故なんだろう。

そういえば昔ポイズンというバンドでEvery Rose Has Its Thornという曲があったなあ。いい曲だったけどこのバンド今は何やってるんだろう?バンド自体はチープな感じがしたが、この曲はいい曲だと思う。

ということで2時間半の公演を観た。土曜日の19時からの回であったが、満員御礼。観客には知ってる顔もちらほらあった。団長約5年ぶりの演出、主演ということもあって気合は十分のようだ。

タイトルは「幕末の丘」ということで原田佐之助、岡田(人切り)以蔵、新撰組や坂本竜馬など幕末を駆け抜けた志士たちのドラマ。ただしご本人(主演・演出の団長)も認めてらっしゃるとおり、時代考証とか人物設定とかは全然お構いなし(SF時代劇?)。

幕末という時代と志士たちの名前を素材に、ストーリーはかなり自由勝手に語られる。ま、面白ければそれでいいのだろう。この劇に変な理屈は不要というところか。劇中で時折はさまれるアドリブというかギャグというか外しているところもあったが、チャンバラなどはかなりの迫力があった。中でも岡田以蔵(松田ケイジ)の演技が良かった。概ね満足。

公演後は新宿3丁目要通りのジンギスカン料理屋で遅い夕ご飯。北海道に行ったばかりだったので何となくこのお店に入ってしまった。まあまあ美味しかった。でも量はイマイチかなあ。野菜とかもっとたくさん食べられても良いのにと思う。

その後末広亭近くのどん底へ。相変わらず独特の雰囲気だが、土曜日なのに結構賑わっていた。ここの木のカウンターはとっても素敵だと思う。店内もグチャグチャとしているが、それがまた味のあるところだ。ジントニックとテキーラ(クエルボゴールド)を軽く飲む。

その後はまっすぐお部屋へ。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

ウイスキーがお好きでしょ?

かなり昔だがニッカウヰスキーのTVCMが好きだった。田中美佐子だったかが「女房酔わせてどうすんの?」などとのたまうアレである。なかなか良く出来ていたと今でも思う。

私はウイスキーが大好き。それも学生時代からニッカがお気に入りである。家で飲むウイスキーはもっぱらブラックニッカ。スーパーニッカも今まで随分と飲んできたし、ニュー・オールモルトとかもすっきりとしていてとても美味しい。

そんな人間であればやはりあこがれる街。それが北海道は余市というところである。そう、ニッカウヰスキー創業の地であり、北海道工場があるところである。

創業者は竹鶴正孝氏。造り酒屋のせがれだったのだが、家業を継いで田舎町で人生を費やす未来に焦燥を感じていた。そんな時チャンスが訪れる。就職した大手洋酒メーカーの社長より「スコットランドでウイスキー作りを勉強しないか?」という誘いを受けるのである。

大正の時代にスコットランドへウイスキーの製造方法を学びに行くなんてかなりチャレンジングなことであったと思う。だが竹鶴氏はグラスゴー大学で必死に学び、製造方法だけでなくスコットランド人の奥さんまで持ち帰ったのだった。

その後壽屋(現サントリー)の鳥井社長に引き抜かれ、例の山崎工場を立ち上げることになる。これには逸話がある。竹鶴氏は「ホンモノのにっぽんのウイスキー」を作ることに情熱を燃やしていた。そんな彼にとって気候や水質などスコットランドにも似た北海道余市はウイスキー作りに最適の土地であった。

しかしサントリーにしてみれば、関西の商圏から遠く離れた場所に工場をつくっては非効率この上ない。商売の現実に即し、また会社の意向に沿って氏は山崎という土地を選択。今はサントリーウイスキーの最高級ブランドとして有名な蒸留所となった。

しかし彼はどうしても「ホンモノ」が作りたかった。ということでサントリーを円満退社。婦人のリタさんを連れて北海道は余市に念願の工場を建てた。

ウイスキーは数年間寝かせる必要があるため、最初の数年は全く商売にならなかった。それでも会社存続の為に資金繰りはしなければならない為、りんごジュースやシードルを売っては創業期を凌いだのであった。

その当時の会社名「大日本果汁株式会社」から「日」と「果」をとって「ニッカ」。なんとも安易なネーミングではある。

ということで、彼は「にっぽんの」「ホンモノの」ウイスキーを造るという初志を貫徹したのであった。日本近現代史においてこんな面白い人物がいたなんて・・・。竹鶴氏自身があまり知られていないのが残念ではある。

余市蒸留所は当時の赴きを残しながらも、今もなおたくさんのウイスキーを蒸留し続けている。北海道の大地で「命の水」が今も脈々とそして滾々と熟成していく。人々の乾いた心を癒す為に。

ますますニッカのファンになってしまった旅であった。ということでGW北海道紀行はこれにておしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

お前らでかい夢みろよ~札幌の夜

北海道大学の基礎を築いたとされるクラーク先生の有名な言葉。我流に訳すとこんな感じだろうか。

米国から赴任してたった9ヶ月の滞在だったのに「北海道開拓の偉大なる先人」となってしまっているところ、きっといろいろな意味で強烈なおじさんだったんだろうなあ。

でクラーク氏の薫陶を得たという日本人の学生たちがまたすごい。新渡戸稲造、内村鑑三、変り種では有島武郎なんていう、日本近現代史のすごい人たちばかりである。ほんとに優秀な人ばかりが集まった感じである。

ということでクラーク像がある北海道大学のキャンパスや赤レンガ(旧道庁舎)、植物園などを散策。開拓の歴史とアイヌ文化、樺太、そしてロシアとの関係などいろいろと勉強になった。

その後大通り公園、札幌TV塔など観光客お約束の場所をウロウロ。やっぱ天気の良い休日の公園ってホッとしますね。そしてTV塔の上から市内を一望。札幌はでかい街です。

TV塔から降りると、地下のレストランで簡単な昼飯を食べる。そしていよいよ札幌観光最大の目玉「時計台」を訪れることにした。

ここは「日本3大ガッカリ観光スポット」のひとつと言われるだけあって、確かに「アレっ?」というくらいこじんまりとした佇まい。この時計台の前からNHKが良く中継なんかをするもんだからさぞ立派なランドマークだと期待していたのだが、大きな大きな勘違い。

余談だがベルギーにあるションベン小僧も「世界3大ガッカリ観光スポット」のひとつだと個人的に思う。あそこも行ってびっくり、観てびっくり。下手をすれば通り過ぎてしまうようなところにあった。

ということで札幌観光を堪能する。その後北海道在住のM氏と落ち合った。氏は東京出身だが北海道にあこがれてついには移住してしまったという人物。ウインタースポーツ大好きだそうな。

まずは市内を一望できる藻岩山に車で連れて行ってもらった。天気も良く遠くが良く見渡せて大満足。その後小さいお子さん(カオちゃん)も居るM宅にお邪魔する。

そこは東京のそれと比べるととても広いお家で、使っていない部屋もたくさんあるようだった。うらやましい!東京で同じ値段を出しても絶対に買えない様なお家であった。素敵である。自分にも家族がいたらこんな人生もありかなあと思った。

その後近所の海鮮居酒屋に連れてってもらう。M氏行きつけの地元民でにぎわうお店で雰囲気もとても良かった。で二人で日本酒の熱燗を飲みまくってしまう。もちろん魚介類は何を食べても美味しい。そういえばアスパラも美味しかったなあ。

かなり酔いが回った後はオトコ二人でカラオケボックスに。M氏とはほぼ同年齢の為、昔聞いていた曲がかなり近い。お互い懐かしい曲を歌いまくって盛り上がってしまった。

翌日のフライトが朝7時台だというのに23時過ぎまで飲んで歌ってしまったが、宿泊しているホテルまでタクシーで何とか戻った。こうして札幌最後の夜が過ぎていったのであった。Mさんどうもありがとうございました!

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »