« ウイスキーがお好きでしょ? | トップページ | 7月に別れを告げて »

2006年6月10日 (土)

幕末の丘

幕末の丘を観た。場所は新宿シアターサンモール。最近演劇は全然観ていないが、今回は友人の友人がこの劇団(神田時来組)の団長(?)ということでチケットを買ったのがきっかけ。

そうはいってもここの団長とはお酒をご一緒したこともあり楽しみにしていた。公演時間前は新宿御苑をぐるっと散歩。ちょうどバラの催しがあって、世界各国のバラたちが咲き乱れていた。

バラの名前は彼女や奥さんか娘の名前のようなものが多い。中にはプレイガールなんつーしょもないものなどもあった。美しい花だけれど何か隠微というか退廃的なイメージがあるが何故なんだろう。

そういえば昔ポイズンというバンドでEvery Rose Has Its Thornという曲があったなあ。いい曲だったけどこのバンド今は何やってるんだろう?バンド自体はチープな感じがしたが、この曲はいい曲だと思う。

ということで2時間半の公演を観た。土曜日の19時からの回であったが、満員御礼。観客には知ってる顔もちらほらあった。団長約5年ぶりの演出、主演ということもあって気合は十分のようだ。

タイトルは「幕末の丘」ということで原田佐之助、岡田(人切り)以蔵、新撰組や坂本竜馬など幕末を駆け抜けた志士たちのドラマ。ただしご本人(主演・演出の団長)も認めてらっしゃるとおり、時代考証とか人物設定とかは全然お構いなし(SF時代劇?)。

幕末という時代と志士たちの名前を素材に、ストーリーはかなり自由勝手に語られる。ま、面白ければそれでいいのだろう。この劇に変な理屈は不要というところか。劇中で時折はさまれるアドリブというかギャグというか外しているところもあったが、チャンバラなどはかなりの迫力があった。中でも岡田以蔵(松田ケイジ)の演技が良かった。概ね満足。

公演後は新宿3丁目要通りのジンギスカン料理屋で遅い夕ご飯。北海道に行ったばかりだったので何となくこのお店に入ってしまった。まあまあ美味しかった。でも量はイマイチかなあ。野菜とかもっとたくさん食べられても良いのにと思う。

その後末広亭近くのどん底へ。相変わらず独特の雰囲気だが、土曜日なのに結構賑わっていた。ここの木のカウンターはとっても素敵だと思う。店内もグチャグチャとしているが、それがまた味のあるところだ。ジントニックとテキーラ(クエルボゴールド)を軽く飲む。

その後はまっすぐお部屋へ。おしまい。

|

« ウイスキーがお好きでしょ? | トップページ | 7月に別れを告げて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕末の丘:

« ウイスキーがお好きでしょ? | トップページ | 7月に別れを告げて »