« お前らでかい夢みろよ~札幌の夜 | トップページ | 幕末の丘 »

2006年6月 5日 (月)

ウイスキーがお好きでしょ?

かなり昔だがニッカウヰスキーのTVCMが好きだった。田中美佐子だったかが「女房酔わせてどうすんの?」などとのたまうアレである。なかなか良く出来ていたと今でも思う。

私はウイスキーが大好き。それも学生時代からニッカがお気に入りである。家で飲むウイスキーはもっぱらブラックニッカ。スーパーニッカも今まで随分と飲んできたし、ニュー・オールモルトとかもすっきりとしていてとても美味しい。

そんな人間であればやはりあこがれる街。それが北海道は余市というところである。そう、ニッカウヰスキー創業の地であり、北海道工場があるところである。

創業者は竹鶴正孝氏。造り酒屋のせがれだったのだが、家業を継いで田舎町で人生を費やす未来に焦燥を感じていた。そんな時チャンスが訪れる。就職した大手洋酒メーカーの社長より「スコットランドでウイスキー作りを勉強しないか?」という誘いを受けるのである。

大正の時代にスコットランドへウイスキーの製造方法を学びに行くなんてかなりチャレンジングなことであったと思う。だが竹鶴氏はグラスゴー大学で必死に学び、製造方法だけでなくスコットランド人の奥さんまで持ち帰ったのだった。

その後壽屋(現サントリー)の鳥井社長に引き抜かれ、例の山崎工場を立ち上げることになる。これには逸話がある。竹鶴氏は「ホンモノのにっぽんのウイスキー」を作ることに情熱を燃やしていた。そんな彼にとって気候や水質などスコットランドにも似た北海道余市はウイスキー作りに最適の土地であった。

しかしサントリーにしてみれば、関西の商圏から遠く離れた場所に工場をつくっては非効率この上ない。商売の現実に即し、また会社の意向に沿って氏は山崎という土地を選択。今はサントリーウイスキーの最高級ブランドとして有名な蒸留所となった。

しかし彼はどうしても「ホンモノ」が作りたかった。ということでサントリーを円満退社。婦人のリタさんを連れて北海道は余市に念願の工場を建てた。

ウイスキーは数年間寝かせる必要があるため、最初の数年は全く商売にならなかった。それでも会社存続の為に資金繰りはしなければならない為、りんごジュースやシードルを売っては創業期を凌いだのであった。

その当時の会社名「大日本果汁株式会社」から「日」と「果」をとって「ニッカ」。なんとも安易なネーミングではある。

ということで、彼は「にっぽんの」「ホンモノの」ウイスキーを造るという初志を貫徹したのであった。日本近現代史においてこんな面白い人物がいたなんて・・・。竹鶴氏自身があまり知られていないのが残念ではある。

余市蒸留所は当時の赴きを残しながらも、今もなおたくさんのウイスキーを蒸留し続けている。北海道の大地で「命の水」が今も脈々とそして滾々と熟成していく。人々の乾いた心を癒す為に。

ますますニッカのファンになってしまった旅であった。ということでGW北海道紀行はこれにておしまい。

|

« お前らでかい夢みろよ~札幌の夜 | トップページ | 幕末の丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイスキーがお好きでしょ?:

« お前らでかい夢みろよ~札幌の夜 | トップページ | 幕末の丘 »