« 北海道ドライブ紀行(小樽~積丹) | トップページ | ウイスキーがお好きでしょ? »

2006年6月 1日 (木)

お前らでかい夢みろよ~札幌の夜

北海道大学の基礎を築いたとされるクラーク先生の有名な言葉。我流に訳すとこんな感じだろうか。

米国から赴任してたった9ヶ月の滞在だったのに「北海道開拓の偉大なる先人」となってしまっているところ、きっといろいろな意味で強烈なおじさんだったんだろうなあ。

でクラーク氏の薫陶を得たという日本人の学生たちがまたすごい。新渡戸稲造、内村鑑三、変り種では有島武郎なんていう、日本近現代史のすごい人たちばかりである。ほんとに優秀な人ばかりが集まった感じである。

ということでクラーク像がある北海道大学のキャンパスや赤レンガ(旧道庁舎)、植物園などを散策。開拓の歴史とアイヌ文化、樺太、そしてロシアとの関係などいろいろと勉強になった。

その後大通り公園、札幌TV塔など観光客お約束の場所をウロウロ。やっぱ天気の良い休日の公園ってホッとしますね。そしてTV塔の上から市内を一望。札幌はでかい街です。

TV塔から降りると、地下のレストランで簡単な昼飯を食べる。そしていよいよ札幌観光最大の目玉「時計台」を訪れることにした。

ここは「日本3大ガッカリ観光スポット」のひとつと言われるだけあって、確かに「アレっ?」というくらいこじんまりとした佇まい。この時計台の前からNHKが良く中継なんかをするもんだからさぞ立派なランドマークだと期待していたのだが、大きな大きな勘違い。

余談だがベルギーにあるションベン小僧も「世界3大ガッカリ観光スポット」のひとつだと個人的に思う。あそこも行ってびっくり、観てびっくり。下手をすれば通り過ぎてしまうようなところにあった。

ということで札幌観光を堪能する。その後北海道在住のM氏と落ち合った。氏は東京出身だが北海道にあこがれてついには移住してしまったという人物。ウインタースポーツ大好きだそうな。

まずは市内を一望できる藻岩山に車で連れて行ってもらった。天気も良く遠くが良く見渡せて大満足。その後小さいお子さん(カオちゃん)も居るM宅にお邪魔する。

そこは東京のそれと比べるととても広いお家で、使っていない部屋もたくさんあるようだった。うらやましい!東京で同じ値段を出しても絶対に買えない様なお家であった。素敵である。自分にも家族がいたらこんな人生もありかなあと思った。

その後近所の海鮮居酒屋に連れてってもらう。M氏行きつけの地元民でにぎわうお店で雰囲気もとても良かった。で二人で日本酒の熱燗を飲みまくってしまう。もちろん魚介類は何を食べても美味しい。そういえばアスパラも美味しかったなあ。

かなり酔いが回った後はオトコ二人でカラオケボックスに。M氏とはほぼ同年齢の為、昔聞いていた曲がかなり近い。お互い懐かしい曲を歌いまくって盛り上がってしまった。

翌日のフライトが朝7時台だというのに23時過ぎまで飲んで歌ってしまったが、宿泊しているホテルまでタクシーで何とか戻った。こうして札幌最後の夜が過ぎていったのであった。Mさんどうもありがとうございました!

おしまい。

|

« 北海道ドライブ紀行(小樽~積丹) | トップページ | ウイスキーがお好きでしょ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お前らでかい夢みろよ~札幌の夜:

« 北海道ドライブ紀行(小樽~積丹) | トップページ | ウイスキーがお好きでしょ? »