2006年3月25日 (土)

半島を出よ

村上龍は前から好きな作家の一人だ。猟奇的なものや性倒錯ものから政治経済もの(?)子供向け職業指南本まで氏の取り上げるテーマはかなり幅広い。

その中でもいわゆる「政治経済もの」が好きである。古くは「愛と幻想のファシズム」とかであり、比較的最近の作品では「希望の国のエクスダス」あたりであろうか。

それぞれはフィクションであるが、その時々の日本や世界の政治経済状況が反映されていてそれぞれに面白い。

「愛と幻想のファシズム」などは今読み返すと少し劇画的な気もしないではない。でも「希望の国のエクスダス」などのリアルさは氏の綿密な取材と現代的教養の裏打ちによるものだと思う。

これら作品群を引き継ぐ最新刊「半島を出よ」を最近読了した。近未来のある日、北朝鮮のコマンドが福岡を占拠する。その状況に日本政府も日本人の誰もがまともに対応することが出来ない。

そしてそれと対比するように描かれる北朝鮮の兵士たち。彼らの置かれているあまりに苛酷な状況と、全てが弛緩し切ったこれまた異常な現代にっぽんの状況がこれでもかとばかりに繰り返し描かれる。

途中少し冗長過ぎるところもなくはないが、最後のホテルでの戦闘シーンなどそのリアルさにはすさまじいものがある。氏の想像力と表現力には舌を巻く。

そして最後に福岡と日本を(かたち上)救うのは日本のマイノリティたちであった。この設定は村上龍作品のどの作品にも通呈する根幹だと思う。ただし今回はあまり共感を呼べるマイノリティでないのがいつもと少し違うところか。

「希望がない」国で「希望」を求めた「希望の国のエクスダス」と同様、この小説にも「希望」を見出せない状況が描かれている。そして北朝鮮のような状況と対峙するとき、日本は日本人は一体どうするのか?

いやどうにもならないだろう、と作品は主張している。だからこそ自衛隊を!とか核武装を!とかいう主張ではもちろんない。しかし世界に対する無知さ加減とか感度の悪さに対する日本の姿は痛烈である。

ただし批判しているのでも皮肉っているのでもないところが、いつもの村上龍的バランスであろう。それが政治的なトピックスに取り上げられない所以。しかし北朝鮮をこんなにリアルに描いている現代小説もないのではないか。

上下巻の超大作ではあるが、一読の価値あり。カタルシスはイマイチだったが、彼のいう「情報小説」としての面白さは存分に楽しめると思う。読書になんらかの意味を求める人向けですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

ロジスティクスとマーケティング

ここ1,2ヶ月は旅に出たり転職したりで本を読む時間がなかなかとれなかった。でにもブログで取り上げた「再生巨流」という本をようやく読み終わったところである。

著者は楡周平。基本的に国際犯罪とかテロとかかんとかの大人向けエンタテイメント小説を書く作家である。が、この作品は珍しくサラリーマンもの。それも舞台は物流業界!そこで繰り広げられる「実現可能なビジネスモデル」を描く「新規事業成功物語(?)」でもある。

私もかつて物流業界にいたし今もロジの仕事をしているので、この小説は大変興味深く読んだ。アスクルとか佐川急便、楽天、価格コムあたりをネタにかなりしっかりした取材をしていると思う。

物語りもそれなりに面白いのだが、やはりこの小説に登場するビジネスモデルが一番面白い。日本全国津々浦々にあるパパママ家電ショップ。ここを一種の地域密着サービスデポとして活用し、家庭用品全般を全国に宅配するってのがざっくりとしたビジネスモデル。

これってほんとに出来たらすごいな、と思う。

あとは楽天に対抗しうるショッピングモールを展開するくだりもある。これってやろうと思えばヤマトでも佐川でも直ぐに出来そうな気がするんだけどなあ。

でこの物語の大きなテーマが「ロジスティクスとマーケティング」は実は表裏一体である、ということ。この両者の中にこそビジネスのネタがあるんだ、とストーリーは強調するのである。

要するに配達先(顧客)の個人情報を掌握することがこれからのビジネスを制する、ということ。宅配業者が持つ膨大な配達先情報には、そのお客様が何をどこから購入したかが含まれるし、配達時間の指定などからどういった生活をしているかも分析できる。

顧客へのラストワンマイルを制している「物流業者」こそ、実はユーザーに一番近い場所にいるんだよね。

曜日や時間の配達指定サービスの次は、いわゆるセールスドライバーがお客様の「御用聞き」となる。これこそが次世代のサービスであり、そこに蓄積される情報こそが貴重なマーケティングの対象となるだろう。

物流業者が「物流業者」でなくなる日。これはあながち遠い未来ではないのかもしれない。ここには巨大な市場が埋もれている。ま、そういった視点を持った「物流業者」は日本では希少なのかもしれないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

メール道

メール道を読了した。メール作法のあれこれを網羅した面白い本だと思う。一読の価値あり。

だいたい「ビジネス文書の書き方」とか「手紙の作法」みたいな本って杓子定規で説教くさくつまらないものが多い(と思う)。

メールはそんなどうでもいい挨拶や型どおりの文言なんかを省き、メッセージをダイレクトに伝えてくれる道具。そして欧米の個人主義、つまり個人と個人とがフラットな関係であることが大前提だろう。

「どこの組織(会社)にいるか」「年上か年下か(先輩か後輩か)」をまず考える日本人にはなかなかとっつきにくいツールだと思う。

ではメールだからといって好き勝手に書いて送信すればいいのだろうか?いやいや、それはまずいっすよ、ってことで著者の豊富なメール経験(?)から編み出されたのが「メール道」ということだろう(?)

本の内容はきわめて常識的だが、しかしメールを使う上で何かと役に立つヒントがたくさん隠されている。しかもテクニックだけではなく「人の道」が問われている。そしてそれこそが「メール道」なのだ。非常に面白い!読めば明日からあなたのメールの書き方が変わること間違いありません。

そういえばちょっと前、村上龍のeメールの達人になるという本が出版されたが、こっちは読んでないな~。読もう読もうと思っていたのに未だ読めてない。

あ、あとホリエモン100億稼ぐ超メール術ってのはこの前読んだな。こっちは「メール作法」というよりは「メールをいかに使って仕事を効率良くするか」というテーマで彼の一連の本の中では結構読む価値はあると思う。

メールって簡単なんだけど難しいんだよね~。

今晩はカレーを作って食べた。やっぱにんじんとジャガイモがごつごつ入ったマイカレーはうまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)