2006年8月27日 (日)

汚いおじさん

サザンの新曲Dirty Old Manを買った。新曲・アルバムが出ると無条件で買うアーティストのひとつだが、これがまたまた(!)良い曲である。相も変わらずの桑田節であるが、何故か飽きない。いや素晴らしい。PVもあの変な振り付けも。

メロディメーカーとしての才能というかクオリティの高いポップスを書かせたら、日本でこの人にかなう人はいないと思うが、しかしこの「量産ぶり」は一体何なのだろう。芸暦30年を目前にしてまだまだの存在感。凄い、とうなるしかない。

でもこの新曲、詞をよ~く聞くととタイトルどおり「おじさんの応援歌(?)」軽いダンスチューンのノリに任せてカラオケなんかで歌うと「あれ?」となること間違いなし。だって「振り向くほどに人生は悪くない~♪」だもんね。

この路線(おじさん応援歌?)今まではサザン名義ではなくソロでやっていたはずなのに。ま、別にいい曲だからサザンでも全然OKなのだが、これがヒットチャートでそれなりに売れるとなるとそれはそれで痛快(?)でもある。

何が言いたいのかというと、オヤジの領域に近づきつつある自分としてはこの曲すごく「つぼにはまる」のです。ずーっと前にクレイジーケンバンドの「オトコの滑走路」という曲についてここに書いたけど、路線としてはこれに近いかな(違うか?)

要するにオトコのウダウダっていうか、おじさんの開き直りというか、しょうもない世界。女性にはきっとピンとこないかもしれない(そこがまたいいのかも?)

昔桑田圭佑ソロ名義で「孤独の太陽」というアルバムがあった。このアルバムの完成度は非常に高いと今でも思う。でそのアルバムの同時期にシングルでリリースされたものに「祭りのあと」という曲があった。

これはとってもいい曲で、この「おじさん応援歌(?)」の部類に間違いなく入るだろう。この時期桑田は「にっぽんの歌」というか「言葉」にかなりこだわっていて、美輪明宏の名曲「ヨイトマケの唄」とかもカバーしているのだが、これがまた素晴らしい。

実はこの頃(1994年)私はまだ大学生であった。でその年の学園祭の前夜祭がなんと桑田圭佑のライブだった!のである。桑田はじめサザンオールスターズのメンバーはもともと青学のアマチュアバンドから始まったので、学院大先輩の凱旋ライブとなりその盛り上がりは尋常ではなかった。

おまけにコレが始めての凱旋ライブ(デビュー15年を有に過ぎている)!ただしサザン名義ではなくソロ名義なのが不思議であった。でも結局メンバーは「Ya Ya あの時を忘れない」とかで飛び入り参加してたし良しとしよう。

で学院卒業生(ただし桑田は中退)の中でも飛びぬけて知名度の高い彼らが何故凱旋できなかったのか。

曰く某学院長が「桑田は中退だし、サザンなど(アホな連中)は学院にふさわしくない」と厳しく戒めていたとか「出演のギャラが学園祭レベルでは到底無理で事務所が難色を示していた」とかいろいろと噂はあった。

とにかくサザンが母校でやったライブはコレが最初で(今のところ)最後なのである。

閑話休題。で「悲しい気持ち」とか「ミス・ブランニューディ」も最高だったのだが、ラスト近くに青学講堂でやった「祭りのあと」と「ヨイトマケの唄」には涙がでたのを覚えている。本当に場内がシーンと静まり返り、終わったあとは会場全体からため息が漏れたようだった。

ということで長々と思い出を語ってしまいました。

そういえばあのライブで桑田が植木等の替え歌をもじり「38(歳)で妻子もち♪でもまだまだチ○ポは硬い~♪」とか歌っていたんだけど、あれから10年以上も経ってしまったのね~。まだまだ・・・なのだろうか?(なのだろう)

下品ですいませんっ!おしまい。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

フランツ・フェルディナンド

最近あまりCDを買わない。itunesでipodにダウンロードしてるから・・って訳ではもちろんない。音楽は大好きだしアルバム出れば必ず買うアーティストも少なからずある。

でも最近CD買わなくなったなあ。洋楽(って言い方しないよね最近)もJ-POPも全然チェックしてないし。だいたい周りで音楽聞いてる奴がいない。カラオケも行かないしね。行っても昔の曲が多いし。

この前「よし、最近何聞いてる?」って若いUKの兄ちゃん(同僚)たちに聞かれて「おーU2は買ったぞ」なんて言ってたら「他は?」「うーん」(沈黙)

そうなんだ!オレの音楽というか洋楽的バックグラウンド(大げさ?)はやはり「ベストヒットUSA(小林克也)」であり、深夜にテレ朝でやっていた「(再放送の)MTV」とかの時代に築かれたものなのだ。

もちろんその後もずーっと時々のCDを買ってはいるが、やはり「あの日あの時あの場所で♪」聴いていた音楽が血となり肉となっている。そんな感じがする。中学生から高校生、そして大学生頃かな。

であの時代は「洋楽=ホンモノ」で「日本のロック=演歌の延長」みたいな雰囲気があった。ボウイとか尾崎豊とか大好きだったんだけど、でもホンモノはあくまでU2でありガンズ&ローゼスでありボンジョヴィ(は違うか?)である、という位置づけだったと思う。

というかあの時はハードロック全盛だったんだよね~。モトリー・クルーとかスキッド・ロウ、シンデレラ、TNT、ヨーロッパ、ヴァン・ヘイレン、ホワイトスネイク、そしてジューダス・プリーストとメタリカそしてガンズ&ローゼス。

なーんでみんなあんなに「いきり立って」たんでしょうね?ハードロックやへビィメタルなんて今やすっかり廃れてしまったけど。ボンジョヴィのニューアルバムなんぞもう買わないし。

で話が長くなってしまいました。先日会社の同僚でUKから来ている若い兄ちゃんたち二人に「Franz Ferdinandのコンサートで武道館に行くんだけどどう行けばいい?」なんて聞かれたんで「あーだこーだ」と説明して時。

「フランツ・フェルディナンド??」とか内心思いつつ行き方を教えてあげた。なんだかゴテゴテの名前だな、どんな連中だっけ?ああ!J-WAVEでよくかかってる「What do you do you do you wanna♪」って歌の奴らね。

その後会社の帰りに渋谷のTower Recordsに行った時チェック。でこの前アマゾンで彼らのYou Could Have it so much betterというアルバムを買ってみた。いろいろ記事を読んだが最近のUKではCold Playに続く(?)超ビック・バンドになりつつあるらしい。

結論。結構良い。いや十分カッコいい。サラエボ事件で殺されたオーストリア皇太子の名前から取ったっていうバンド名といい、グラスゴーで結成されたバンドだっていうーバックグランドといい面白い。

なんというかショービズというか大資本レコード会社の「売らんかな的」作られたアーティストが横行する昨今で、こういうフツーの兄ちゃん的バンドが売れるってのは非常にうれしい。

もちろんゴリゴリの硬派バンドって訳は全然なくちゃんとポップ。なんだけど「売らんかなのスケベさは顔には出てない」というバランスがうまい。

何書いてるか自分でもよくわからなくなってきました(笑)

でもいいアルバム&バンドだと思いました。ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月24日 (月)

キラーストリート

サザンのニューアルバムを買った。アルバムが出れば必ず買う、数少ないアーティストである。で結論。「キラーストリート」って悪くないですね。少なくても買って損はしません。相変わらずいい曲一杯だし、変な曲もバランスよく入ってるし。

でも昔のアルバムに比べると悪ふざけが少なくなったかもしれない。エロな歌もないし。とはいえメンバー今年50歳の人たちとはとても思えないですよね。このままあと10年もやれたらそれはそれはすごいことだと思います。

サザンは我が母校の先輩たちであり、学生アマチュアバンドから始まって30年近くも人気者であり続けている。奥さんはメンバーだし、学生時代からの友人たちと好きな音楽を仕事にし続けている。金銭的にも社会的にも大成功。ある種「理想的な人生」ともいえるかもしれない。

タイトルのキラーストリートは、サザンが昔からレコーディングに使用しているビクター青山スタジオがある通りの名前。青山キラー通り。しかし何で「キラー」通りなのだろう?ベルコモンズから東京体育館に向かって歩いていくと、夜なんかは確かに人気が少なくなる・・・とはいえ切り裂きジャックが歩いているような雰囲気ではないし。

途中にあるとんこつラーメン屋「ホープ軒」。あそこは時々無性に食べたくなるラーメンです。あの店中立ち込めるニンニクの強烈なニオイ!でもうまいんだよな~。カラダにはあまりよくなさそうだけど。

ということで「アビー・ロード」ばりにあの歩道橋の上で写真を撮ったり、ビクタースタジオが観光地化する、などということはあるのだろうか・・・(ま、ないか)。それにしてもサザンにはまだまだ現役で頑張って欲しいものだ。変に成熟して大御所になるのではなく、ちゃんとヒットチャートを狙うスケベさを忘れずに(でもそれが一番難しいんだろうなあ)。

ちなみに一緒に買ったミスチルのニューアルバムも実に良い。相変わらず良い曲を書くよなあ桜井クンも。World Endなんてほんといい曲だよな~Signも良いし。

ということでおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 1日 (金)

極東サンバ

The Boom極東サンバというアルバムがある。「島唄」がなんといっても有名だが、彼らの最高傑作はこのアルバムだと信じて疑わない。

とにかく全編ブラジル音楽である。洗練されたポップミュージックとして完成されているにも関わらず、コテコテの世界・・・なのである。ご理解いただけるだろうか?

例の「島唄」だって単純に沖縄音楽をパクッた訳ではない。あのチャンプルーズの喜納昌吉も「ホンモノ」と認めたくらい、彼らの音楽に対する態度は真摯である。

このアルバムは確か10年前くらいにリリースされたのだが、ここに収録されている「風になりたい」という曲は今でもカラオケで歌ったりする。

なぜいきなりこんなことを書いたかというと、このアルバムの発表後彼らはブラジルツアーを敢行しているからだ。そのツアーの模様を収めたフィルム(Brazil Samba do Extremo Oriente Tour)があるのだがこれは素晴らしい!

リオやサンパウロでのコンサートの模様は感動的。ポルトガル語バージョンの「風になりたい」とかメチャメチャかっこいい!!あとサルバドールで行われたコンサートもスゴイ。最初はなにやら怪訝そうに聞いていたブラジル人が最後は皆踊りだしてしまう。「島唄」なんか大ウケ。

ほんと宮沢和史って昔から好きだし尊敬してます。最近なんかパッとしないのは気のせいかな~。っていうかニューアルバム買わなくなってしまったもんな。

でもこのころの彼らはすごくかっこよい。まだまだこれからもがんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)