2005年5月10日 (火)

ブログが変える未来

ココログがオンデマンド出版サービスを始めるらしい。へえ、と素直に驚く。いろいろな人がブログを書けばその中に光る才能が出てきてもぜんぜん不思議じゃないし、おもしろい作家がゴロゴロ出てくるのかもしれない。

もちろん「自分の本を出版することが夢」って人にも朗報のサービスだろう。誰も読まないかもしれないが(笑)

その昔HPで日記を書いてる奴なんかがいると「けっ、ナルシストめ。そんなに自分のことを愛してるのかい。日記なんてこっそり書くもんだぜ」なんて思っていた。

でも自分でブログを始めてみて思う。これは「革命」かもしれない、と(^^ゞ個人がこんなに簡単にそして自由にメディアを持つ時代となれば、既存のメディアは変わらざるをえないはず。

たとえばどこかで地震が起きたとする。今までは通信社や新聞社の記者たちが現場に駆けつけ、被害状況を調査し、被害者にインタビューし、それをまとめ記事を作成していた。あるいは取材はそこそこに政府や警察の公式発表を垂れ流す「記者クラブ報道」がおそらく主流だろう。

でも今は個人が携帯からブログを使って被害状況や避難情報なんかを伝えることができる。被災者だろうと学生のボランティアだろうと。もちろんガセネタやくだらない情報なんかも一緒くたになるとは思うけど。

では記者の特権とは何なのだろう?

彼らを彼らたらしめているもの。それはやはり「限られた紙面に記事を書く権利」であり、また不特定多数に情報を伝達できる「独占的なメディアを利用する権利」じゃないだろうか。

もちろん彼らは物事を客観的に捉え適切に表現するよう「ある種の訓練」を受けているはずだし、また「ある程度の教養」もある方々のはず。だから特権的なメディアを利用する権利を(一応)与えられているわけだ。とはいっても所詮は大メディアのサラリーマンが大半なのだが。

でその「特権の意味」を充分咀嚼した上でのある種の矜持を「ジャーナリズム」と呼んでいたと思う。

で今そんなものがどこにあるの?フジテレビに?NHKや朝日新聞にあるのだろうか?

こんなメディアの閉塞状況を根底から崩しかねないのがブログ・・・かも?そんな大げさな~(^^ゞでも可能性は秘めていると思う。

これからは日記だろうとスケジュール管理だろうと銀行口座だろうと住民票だろうと遺書だろうとすべてがウェブ上で管理され、そしてリンクされていく、はず。

人類はブログという道具を得て一体どこに行くのだろう?

なんて今日はちょっと硬い文章書いてしまった。ここまで読んでいただいた方お疲れ様です<m(__)m>

ということで今晩はツナマヨソースのパスタを作って食べた。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)